2013年07月02日

コミック 進撃の巨人 概説

君は進撃の巨人を知っているか?

進撃の巨人しんげきのきょじん)は別冊少年マガジンで連載されている漫画(コミック)である。

巨人が支配する世界の中で、かろうじて人類が生き残り長大な壁を作ってその中に生存権をなんとか確保しているという話である。

巨人は3m位から大きいものは15m級までが存在する。

人類が築いた万里の長城の様な壁は50mもあるため、巨人は人類の生活圏へは侵入できなかった。

ところが50mの壁の上に頭を出すほどの超巨大巨人が現れて、その壁に穴を空けた所から物語が始まる。

巨人は人を喰らう。

壁の穴から侵入した巨人はその街に住んでいた人々を喰いまくった・・・。

人類はなす術もなく撤退し、もう1つ手前の壁まで生存圏を縮めざるをえなかった・・・。


というのが前半のストーリー。

もちろん架空の世界の話だ。

巨人は出てくるが魔法使いとかがいる世界ではなく、産業革命以前の移動手段が馬という世界観だ。

そして人類は「立体起動装置」と替え刃式の「」を使って巨人の首筋のうなじを切る事で対抗する。


読むと巨人の恐ろしさがヒシヒシと伝わってくる怖さがある。

結構ダークな気分になるが、ついつい次のページをめくる手が止められなくなる。

怖いもの見たさの感じだろうか。

極限状態で人がどうなるかという、人の感情のぶつかり合いも見もの。

作者の諫山創(いさやま はじめ)氏はこれが連載初というのだからすごい。

2013年7月現在で10巻まで発売されており、累計2,000万部を越えたという人気っぷりである。


まだ読んだ事のない人は書店にて進撃の巨人第1巻を手に取られて欲しい。

巨人の恐ろしさが君を襲う事だろう。


posted by 敏腕プログラマー at 06:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

骨盤ダイエットで若さを保つ!

骨盤ダイエットをご存知だろうか?

私も全く知らなかったのだが妻から「骨盤ダイエットをやったら、夜よく眠れるからやった方が良い」と勧められたので挑戦してみることに。

骨盤とは勿論、腰の骨の事である。

どうも現代人である私達は、この骨盤が歪んで(ゆがんで)いるらしい。

「ゆがみなんて大した事ないじゃん」と思われるかもしれないが、実はこの骨盤のゆがみが体に大きな影響を及ぼしているそうなのだ。

骨盤が歪んでいると起こる体への影響としては


  • 新陳代謝の低下、冷え

  • 疲れ、下半身のむくみ

  • 姿勢の悪化、老け姿勢、ボディラインのたるみ

  • 肩こり、腰痛

  • 生理不順、生理痛

  • 便秘


等が挙げられます。

姿勢が悪くなり老けて見え、新陳代謝が下がり、肩がこる。ついでに便秘や女性なら生理不順まで影響しちゃうっていうんだから、影響、大、です。

これ早く老けちゃいますね。

いかんなー。

若さを保つために挑戦してみましょう。

寝そべって行う体操が主です。

ちょっと文章だけで聞いたばかりの骨盤ダイエットを説明できる自信がないので、YouTUBEに頼ってしまいましょう♪

モデルさんは美人ですし、世の男性陣にも喜んで基本を見てもらえるかと思います。



あなたも骨盤ダイエットに挑戦して、若さ安眠を手に入れましょう!
posted by 敏腕プログラマー at 23:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅ローン金利上げと日銀金融緩和の関係

住宅ローンの主力商品である「10年金利固定ローン」の金利が本日7月1日に上げられた。

住宅ローンの金利は毎月変動している。上がる月もあれば下がる月もある。

しかし4月に日銀が大胆な金融緩和を開始してからは3ヶ月連続で上昇している。


これは住宅ローンのお金の出所である、長期金利の上昇が影響している。

原因は先程も書いたが、2013年4月に開始した日銀による異次元金融緩和の余波を受けた長期金利の上昇が主因である。

そもそもアベノミクスの目指す「物価上昇率2.0%達成」とは、物の値段が上がる事を目指す政策だが、物の値段が上がる状況というのは「インフレ」である。

インフレが起こると何が起こるかと言うと、政策金利の上昇である。

これまではデフレがずーーーーーーーーーっと、続いてきていたのでゼロ金利や超低金利が続いてきたのであるが、インフレが始まると、今度はインフレが加速しバブルの状況が発生しないように、金利が上げられる

金利が上がる事で資金調達を難しくし、無駄な投資や無駄な買い物を抑制させようとする。物価の上昇の加速を抑える働きがある。

インフレも「ほどほど」が大事な訳である。

日本のバブルの頃に政策金利が最高で8.5%とかあった事を思い出して欲しい。

これからアベノミクスがうまくいき景気が上向いてくると、日銀の政策金利も必ず上昇する

必ずだ。

それを見越して、長期金利が上昇してしまった。

日銀が大量に国債を買いまくっている現在は、本来は長期金利が低く抑えられる。

しかし国債にも市場が存在し、その国債市場がヘッジファンドにより仕掛けられてしまった

これにより長期金利は乱高下し、それまで低水準を保っていたのが急騰し1%を越えたのだ。

その後、日銀が「長期金利の推移を注視し、国債の買い方を考える」と声明を出すまでのしばらくの間、乱高下が続いた。


これと同様の事はアメリカでも起きている。

現在、アメリカではQE3を実施中でFRBが資産買い入れを行い、景気浮揚を図っている

長期金利がジワリジワリと上昇し、それがドル高(円安)にも繋がっている。


この様に、日銀による異次元緩和が長期金利の上昇を招き、そして住宅ローン金利の上昇へと繋がっている。

アベノミクスによるインフレ率2%達成は、今後も住宅ローン金利を上げる事へと繋がる

景気浮揚により給与・ボーナスの上昇という好循環が発生しなければ、住宅ローンを支払えなくなる人が急増するであろう。

住宅ローンを組んでいる人は、今後数年間は住宅ローン金利を注視して見る必要がある。
posted by 敏腕プログラマー at 22:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。