2013年06月25日

東京都議会選挙、自民党完勝と共産党の躍進

2013/6/23(日)、東京都議会選挙が行われました。
来月行われる予定の国政選挙、参議院議会選挙の前哨戦として注目された選挙です。

低調な投票率ではありましたが、自民党が推薦した全ての候補者が当選するという圧倒的な勝利で都議会の第一党を掌握しました。
まさに自民党の完勝と言って良い結果となりました。

躍進が期待されたみんなの党維新の会は直前になって選挙協力が破綻(維新の会の橋本代表のいわゆる従軍慰安婦発言によって)し、バラバラの戦いとなったために、それほど議席を伸ばせませんでした。

民主党も惨敗で都議会第4党の座を取るのが精一杯でした。

反自民党の票がどこに流れたかと言うと、これはビックリの共産党でした。
共産党が第三党を取るという前代未聞の大躍進
写真でしか見ていませんが、当選の赤い花が多数ついていました。共産党が反アベノミクスの受け皿と、今回はなったようです。それはそれで随分極端な投票な気もしますが・・・。
既存の第三極がパッとしなかったために古くからある第三極である共産党に流れたんですかね。共産党が政権を取ったりしたら民主主義や経済貿易にも支障が出かねないので非常に危険であると思うのですが・・・。
まぁ他の第三極の政党にも頑張ってもらうしかないですね。

これで弾みが付いた自民党は参院選の展開が有利に進みそうですね。
一気に参議院の過半数を抑えて、ねじれ国会脱出が見えてきました。

国民も、もうねじれ国会で「決まらない政治」には、うんざりしたという事でしょう。
ラベル:政治
posted by 敏腕プログラマー at 06:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。