2012年08月31日

VSSへのチェックインはコンパイルエラーなしを確認しろ!


その6

VSSへのチェックインはコンパイルエラーなしを確認しろ!


 コンパイルエラーがないかを確認しないで、VSS(またはTeam Foundation Server)へのアップするのは禁止!!

 これを3日続けたら、同じ開発チームのメンバーから「あいつは駄目だ!」、「またやってるよこのバカ!」と思われてしまい、誰ももう教えてくれなくなると覚悟しましょう。

 コンパイルエラーがあるというのは、相手がこのコンパイルエラーをなくすまで相手の作業の手を完全に止めてしまうという、非常に重い罪を犯しているのです。

 そう、「コンパイルエラーありの状態でVSSへチェックインする」事はプログラマーにとっては大罪なのです。

 罪を犯す人間に、人は優しくはしてくれません。

 自分に迷惑を掛けてくる人間を嫌うのは当然です。

 そうならないように気を付けましょう。


 では、どうやって気を付けるのか?

 自分の環境でだけコンパイルエラーが起きないからと言ってチェックインしてはいけません。

 誰かが別のファイルを変更しチックインしていて、その別のファイルコンパイルエラーが起きる可能性があります。

 ですので、自分のファイル以外の最新ソースを取得して再度コンパイルしエラーがない事を確認します。

 でもこれでもコンパイルエラーが起きる場合があります。

 誰かがVSS上のファイルを消去しているのに気付かずに、そのファイルを参照したり読み込んだりしているとコンパイルエラーになります。

 まぁこれはたまにしか起きないので大丈夫だと思いますが、プロジェクト初期には結構あるので、注意しましょう。
posted by 敏腕プログラマー at 23:55| 新人プログラマー向け講義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。