2012年08月10日

商談会で得たエッセンス

勝負は技術ではなく”モノ”。

【技術力がある = 人を出してその労働力を売る】
この構図で食べている限り、大きな利益は得られない。

なぜなら人1人が稼げる単価は知れているから。「1人月幾ら」という話をしている限り、人を増やした所で単価を下げられれば利益など出ない。

じゃあ何で勝負するのか?

人を売るのではなく”モノ”を売る。

何らかのパッケージソフトであっても良いし、ソフトウェアを利用したサービスでも良い。

他社と違う”売りになるモノ”。

これを持っているのか持っていないのかで全然違う。

「うちの会社は技術力があります。」確かに聞こえは良い。

「何でも出来ます。何でも作れます。」おぉすごいじゃないか。

しかし実体はウリを持たない会社の主張であるに過ぎない。

お客から「技術力があるのなら、それを生かした独自の”モノ”を作って見せてみろ!良ければ買ってやる。」
こう言われたら何も言い返せまい。

所詮技術がある、技術力があると言った所で出来るのは請負の中のサブシステムを任せてもらえる程度の話である。

違う。

違うんだ。

俺はそんな所で勝負したいんじゃない。

勝負したいのは、その技術を生かし具現化したオリジナリティ溢れる、他にはない、ここにしかない”モノ”だ。

ノウハウであり製品である独自の売り。

これで勝負したいのである。

人に使われるのではなく、自分達が人を使いながら自分達がライセンスや稼働後の運用を引き受ける事が出来る(利益の出せる)仕事を成し遂げたいのだ!

それは今後もお金を生んでくれるものであり、会社に利益を、社員に賞与を与えられるものである。
posted by 敏腕プログラマー at 21:24| セミナーで得たエッセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。