2012年07月19日

プログラマーとしての腕前とその後

お陰様でIT業界で2桁以上の年数を過ごす事が出来、もう自分のペースで仕事も出来る位の腕前になりました。

自分でプログラムを書くこともありますし、人が書いたソースコードをチェックしたり、指摘したりする立場にもあります。

ブラックボックスな関数であっても叩いて「ここ怪しいな」と思ってテストするとだいたいバグも見付けられます。

ソースコードを見れば、動かさなくてもだいたいどんなバグが起きるかわかります。

職人の域ですねー。

もっともっとプログラマーとしての腕を磨き続ける事も悪くない話ではあるのですが、でもですね、もっとやりたい事が見付かってきたんですよ。

そう、やりたいんですよね『経営』を!
posted by 敏腕プログラマー at 00:24| 心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。