2013年07月18日

2013年の参院選の意義

2013/7/21(日)に今後の日本の未来が決まる

参議院選挙だ。

参議院は一度の選挙で全ての議員が入れ替わるのではなくて、半分の議員が任期を終えて改選される。

衆議院は昨年冬の選挙で自民党が圧勝し、与党に復帰し政権に返り咲いた。

民主党から自民党への政権交代の選挙だった。


では今回の参議院選挙で自民党が勝つとどうなるのか?

ねじれ国会の解消である。

ここ何年もの間、決められない政治が続いたがその原因がねじれ国会だ。

衆議院と参議院で与党が違うと、衆議院で通った法案が参議院で否決される事が多い。


この決められない政治に終止符を打つ選挙となるのが2013年の参院選だ。
ラベル:政治
posted by 敏腕プログラマー at 23:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。