2012年11月29日

サクラエディタのgrep検索

文章をつくるのに、WordやExcelを使いますが、シンプルな文字のみのテキストファイルを作成・編集するためのソフトとして、テキストエディタがあります。
レイアウトや文字飾りなどの機能はありませんが、テキストの置換などの機能は、ワープロソフトよりも高速で、オススメです。
また、正規表現をサポートするものが多いのが特徴です。
「メモ帳」はプログラマーの使うエディターとしては力不足です。

grepは、1つ以上のファイルから特定の文字列が存在する場所を検索するのに使います。
まずは使ってみましょう。

1.サクラエディタを起動し、メニューバーから[検索]→[Grep]をクリックする
sakura_grep01.png

2.次のようなウィンドウが現れるので、調べたい語句(この例ではnumber)を「条件」に入れます。
開いているファイルの場合は、「現フォルダ」をクリックし、検索したいファイル名を入力します。
その上で、「検索」ボタンをクリックします。
sakura_grep02.png

3.次のようなウィンドウが現れます。
sakura_grep03.png

この条件で検索すると、このファイルに現れる「number」を一括して検索できます。
ただし、numberの現れる位置はバラバラです。

4.このウィンドウに現れている「number」の4つ目の "in the number of forest fires" をもう少し詳しく見たい場合は、この行の上でクリックすると、次のように青い下線が出てきます。
sakura_grep04.png
この状態で、ダブルクリックします。

5.「number」の記載がある部分が表示され、その前後のテキストと共に別ウィンドウに表示されます。
sakura_grep05.png
これにより、検索した先の文章全体が見えるようになります。

こうして自分の探していたキーワードのソースコードを探したりに使用します。
grep検索はプログラマーとしての階段をもう一歩登る上で必須の技術です。
posted by 敏腕プログラマー at 23:34| 新人プログラマー向け講義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

思うように進まない日々

●手から色々とこぼれ落ちる



独立開業を目指し、日々本業とは別に自宅に帰ってきてから自分の将来のビジネスモデルに沿った仕事を進めている。

将来はこちらを生業として食べていくつもりだ。

プログラマーとしてプログラムを書いていれば良いだけではないため(プログラムも一部書いてはいるが)、慣れない仕事も勿論やることになる。

通常だと営業部門商品企画部とかがやる様な仕事だ。

独立開業する上ではまずは社長となる自分その仕事を出来る様にならないといけない

プログラムを作っていれば給与としてのお金がもらえるサラリーマンプログラマーとは違い、自分自身でプログラムやサービスを販売にまで繋げていかなければいけない。

別の独立方法としてフリーランスとしてプログラマー一筋で食べていく道もあるが、それは自分の本意ではない

フリーランスも所詮は『人月幾ら』の業界の呪縛からは逃れられないし、労働力を売ってお金を得ている事実はサラリーマンプログラマーとは何ら変わらない。

それでもフリーランスとして自分自身の力だけで食べている人達への尊敬は忘れないが。すごい力だ。


でも俺自身が欲しい力はそれではない。

ビジネスと言う土俵で勝負することで、もっと時間やお金の使い方が変わってくる。

技術一辺倒ではなく、ビジネスマンとしての力を得て勝負していきたいのだ。


ビジネスマンを目指しつつも、まだまだ力不足なのは否めない。

客観的に自分の現在出来るスキルを顧みれば、まだまだだ。

ビジネスなので先行投資は必要だ。

自分が貯金や投資で貯めてきた資金を使いながら新たなビジネスに挑戦している。

思うように結果が出せていない。

しかし日々挑戦する中で、新たに見えてくる物も当然ある。

今まで知らなかった事、今までは気付けなかった事実。

それらが見えてくるようになってきた。

が、まだそれらを活かせていない。

新たに得た、知りえた事を活かしながら自分のビジネスの成功へと繋げていきたい。
posted by 敏腕プログラマー at 10:31| 心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

サラリーマンプログラマーとの壁

独立を志して幾年か。

いまだプログラマーとしてサラリーマンをしております。

しかし頭の中で考えている事は「独立」、そして「開業」のことばかり。

するとですねぇ、会社の中の他のプログラマー達と会話してても、話がつまらなくなってくる訳ですよ。

皆するのは技術的な自慢話であったり、新たな設計手法テスト手法の話なんかが出るんですが、もう正直どうでもいいんですよ。


そんな話は。

聞いていて思うのは「技術力があれば高い評価を得られて、より高い給与(サラリー)が得られる」という幻想を今でも信じて疑わないんだなー、ということ。


技術力があることが素晴らしい!

技術があれば俺はすごい!

技術のある俺は偉い!


もうね、馬鹿ですよ。

単なるね。

技術力が幾らあった所で、そんな物で稼げやしないんですよ。

技術を使って作ったソフトウェアやシステム、サービスに対してお客さんがお金を払ってくれて初めて我々プログラマーのお給料の元が生まれる訳ですよ。

「物を売らない限りプログラマーも食えやしない」

そんな現実と言うか、物事の本質を見抜けない技術者は技術に没頭するばかりで、物を売るために必要な作業(仕事)を考えもしない。

いや、考えているとは思いますよ。

でも本気で考えていない。

だから「技術力があれば」なんてていう幻想が、話しているだけでもプンプン臭ってくるわけですよ。

こちとらはもう「いかに稼ぐか」を日々考えて、そして実際に行動に移しながら過ごしているもんだから、稼ぐという本質を無視して突っ走るサラリーマンプログラマーとは話が合わない訳ですよ。

まぁしょうがないんですけどねー。

ほんの1年前くらいまでは私も同じ考えでしたから。


しかし、つまらないなぁ。
posted by 敏腕プログラマー at 00:29| 心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。