2012年09月30日

IT技術者のキャリアパス

●キャリアとは


キャリアとは……
・経歴。経験。
・職業、特に専門的な知識や技術を要する職業に就いていること。
・日本の中央官庁で、国家公務員試験 I種合格者の俗称。
出典:三省堂「大辞林」

開発現場において求められる職業としては様々なものがあります。プログラマーに始まり、システムエンジニアテスター運用担当者、などなど。
将来自分が担当したい仕事を明確にし、そのやりたい仕事に向けてどの様な努力をしていけば良いかを明確にする事を目的とします。


●ソフトウェア技術者のキャリアパス


キャリア基準は、ITスキル標準と同様に7段階(レベル1〜7)のキャリアレベルを設定しています。

スキル基準のスキルレベルは4段階(レベル1〜4)となっており混乱を招きかねない点は否めませんが、ITスキル標準との親和性からこのような形になっています。

キャリアレベルは、経済的貢献と責任の度合いを基にレベル定義を行っています。

エントリレベルは自律した状態ではないことから経済的貢献はマイナスであり、責任の範囲も限定されます。

ミドルレベルは自律した状態であり経済的にも貢献し、一定の責任も果たし背負う立場にあるといえます。

ハイレベルは社内や市場をリードし、組織への経済的貢献に大きく寄与するというイメージです。

itlevel.png

itlevel2.png

●実際の担当業務


エンジニアにおける2つのキャリアパス

情報処理技術者見習い ・業務内容:開発業務全般の基本作業を、指示を受けながら遂行する。
 ・必要スキル:基礎的な知識・スキルの修得。

運用担当者
 ・業務内容:既存の動いているシステムの運用業務。
 ・必要スキル:基本的なシステムの知識、システムの運用の流れ把握。

PG(プログラマー)
 ・業務内容:プログラム言語を理解・活用し仕様書に沿ったプログラムを書く業務。
 ・必要スキル:担当するシステムに対する基本的な知識。プログラム言語を書く力、周りのSE・プログラマーと協力しシステムを作り上げる協調性。

テスター(テストウェア技術者)
・業務内容:仕様書を元にシステムを理解し、テスト仕様書を起こし、結合・総合テストを行う。
・必要スキル:担当するシステムに対する基本的な知識。プログラム言語の基礎的な理解。バグを見つける(?)能力。

データベースエンジニア
・業務内容:データベースの設計・製作・管理。
・必要スキル:データベースに特化した知識・技術。

SE(システムエンジニア)・業務内容:プログラム言語の基礎的な理解と、システムの仕様を理解して仕様書を書き、仕様書を元にPGにプログラムを書かせる。PGの工程管理。顧客との打合せ、仕様策定。
・必要スキル:PGを統率するリーダーシップと、仕様書を書くスキル、正しくシステムの仕様を伝えられる会話術(?)。

PM(プロジェクトマネージャー)
・業務内容:プロジェクト全体の工程・人材・費用の管理、顧客との納期・見積りの折衝。
・必要スキル:システム全体の知識、管理業務を行える知識・経験、強力なリーダーシップ。

posted by 敏腕プログラマー at 10:26| 新人プログラマー向け講義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

独立開業プロジェクト

プログラマーやシステムエンジニアは普段の仕事は常に『プロジェクト』に参加している。

プロジェクトとは「通常の業務には収まらないビジネスの目標を達成するために、期間を限定して行う一連の作業」を指す。

開発期間が数ヶ月から年単位に跨るものまであるが、期間限定で新たなシステムやサービスを開発したり、現行システムの仕様変更・機能拡張を行ったりする事が多い。

要はIT技術者である我々はプロジェクトに慣れているといっても良い。

というか毎度プロジェクトという感じ。


そして独立開業を目指す俺が自分自身に対して課しているプロジェクトはもちろん「独立開業」だ。

独立開業するためのプロジェクトを進行中と言った方がわかりやすいだろうか。

独立開業するには色んな準備が必要だ。

会社を興すための準備も必要だし、会社を興して以降食べていくために必要な稼ぎを得るための準備も必要だ。

会社の開業資金も必要だしね。

いずれにしても1回こっきりの取り組みである。

通常の業務」には勿論収まらないし、「ビジネスの目標を達成する」ための準備でもあるし、「期間を限定して行う一連の作業」なんて正にそうだ。

独立開業の準備と言うのは思いっきり『プロジェクト』なのである。


そしてプロジェクトを進める事には非常に慣れている。

日頃から大枠だけが決まった大目標を達成するために、中目標を策定し必要な作業の洗い出しやスケジュールを立てるのもごくごく当たり前に行っている。

ポイントポイントでマイルストーンを置いて、そこまでの進捗確認と次なるスケジュール策定、問題点の対策が必要なのもわかっている。

まだ見通せていない未来も、1つ1つ設計して見える化する中で、本来あるべき形が見えてきたり、次なる問題点もはっきり見えてくる。

そうした積み重ねを続けていく中でプロジェクトは進んでいく。


独立開業プロジェクト

ぜひ成功させたいものである。

いや必ず達成する。
posted by 敏腕プログラマー at 21:49| 心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

ようやく稼ぐ手応えを掴みかける

●掴みかけた手応え



独立開業を目指し本業とは別に、自宅に帰ってきてから自分の将来のビジネスモデルに沿った仕事を始めている。

仕事」というよりかは「作業」と呼ぶ方が相応しいかもしれない。

何せまだその将来の仕事は「稼ぎ」を産んでいないのだから。

しかしこの「将来の仕事に向けての作業」は非常に楽しい。

なんだろうな、サラリーマンとして「会社のために」仕事をしているのと「自分の未来の独立開業のために」仕事をしているのとの違いか。

会社のために稼ぐんじゃなくて、自分のために稼ぐ喜びというかな。


ある本でサラリーマンとして仕事をしていると1年の内の3ヶ月は国や地方のために働いていて、もう3ヶ月は会社のために働いていて、自分のために働いているのは1年の内たったの半年間だけ、という話を読んだ事がある。

最初は何を言っているのかわからなかったが、要は自分が本来生み出した稼ぎの内「1/4は税金で持っていかれ、1/4は会社の経費として持っていかれ、1/2だけが自分の給料としてもらっている」という話だった。

初めは「そんなの当たり前じゃん」と思っていた。

だが色んな社長さん達が書いた本を読む内に「とんでもない事だ」と思うようになってきた。


良いですか、1/4の税金を平気で持っていかれ、1/4を会社の経費として持っていかれているのはサラリーマンだけなんですよ。

もちろんパートやアルバイトの人達もそうですが、正社員のサラリーマン(従業員)もそんな状況だという事です。

「ほとんどの人がサラリーマンなんだから、いいじゃないか」という声も聞こえてきそうですが、それこそ搾取される側の無知からくる主張です。


じゃあその1/4、1/4を持っていかれずに済んでいる人達は誰なのか?

誰だと思いますか?

想像してみて下さい。

税金もそんなには払わず、経費として会社に搾取もされず、自分の稼ぎをほぼそのまま手に入れられる人達。

・・・

経営者」と「個人事業主」です。

税金を引かれる前に支出した分を経費として落として税金対象外とし、会社の経費名目で自分の必要な物を買ったりサービスを利用したりし、稼ぎ分を自分の収入として得られる。

そしてそれらは会社と法人という物があるお陰でなしえているんです。

まぁこの辺の詳しい話は後日。


いずれにしてもサラリーマンのままじゃ搾取されっぱなしですよ。

その辺も理解してくると自分で稼ぐ重要性が見えてきます。

だからこそまずは稼ぐための作業を頑張っています。

そして今月はようやくその作業が実り、稼ぎが得られそうなんです。

あと一歩頑張ります。
posted by 敏腕プログラマー at 07:15| 心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。