2012年07月30日

君の特技はなんだね?

優秀な技術者と話すと「あぁこの人は優秀な人だなぁ。出来る人だなぁ。」という印象を受けます。
出来る男ではあるんだけど、それは技術やコミュニケーションに特化していて割と画一的な感じなんですよね。

優秀なITエンジニア』を目指してます!体現してます!みたいな。

私も少し前まではそれに憧れて自己研さんを積み、チャレンジしていました。


でもねぇ出会ってしまったんですよ。

もっと魅力的で、とてもじゃないけどこちらの物差しでは測れないスケールの大きな人達に。

そう『経営者』に。

名刺交換会とかで名刺交換させてもらうだけでも、経営者の人はビックリする様な事を平気で聞いてきます。

「君の特技はなんだね。」

会って名刺交換して「よろしく」の次に出てくる言葉ですよ。

もう驚きすぎてそんな答えなんて用意してないから、しどろもどろで「C#がどうの、プロジェクト管理がどうの」何かを苦し紛れに言いましたが、相手の求めていた答えとは全然違っただろうな、という印象を受けながら話しました。
良い返答を出来なかったからか、すぐにその社長さんとの話は終わり、その社長さんは次の人に名刺交換に行ってしまいました。

頭真っ白というか、冷や汗をかいたというか。

もうね、うまく答えられなくて悔しいやら、いったい何を本当は聞きたかったのかその意図さえもつかみとれないような、でも物事の本質をズバリと聞かれたというか。

その日は茫然とだけなって帰ってきました。
posted by 敏腕プログラマー at 22:52| 心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

名刺交換に歩くなか、刺激的で面白い人達に出会った

セミナーに出て名刺交換し多くの人と話す機会を設けた。

その年の俺の目標は「友達100人出来るかな♪」ではないが「100人の新たな人々と名刺交換する」のが目標だった。

年初から工程を前倒しては時間を作り、セミナーや勉強会に参加した。

毎月10人以上もの人達と新たに出会い、話す。

同じようにシステムエンジニアとして働く人やプログラマーもいた。

しかし営業をやっている人や、プロジェクトマネージャーとして活躍する人達とも出会った。

勉強会では「そこまでやるか!?」って位、熱心に新たなスキル獲得に向けて日々勉強に時間を割く技術者に出会った。

もう会う人会う人達から色んな刺激をもらった。

本当、俺は「井の中の蛙」だったんだなと思い知らされた。

自分はそこそこ出来るIT技術者だと思っていたが、とんでもない。

世の中、もっともっと出来る技術者が沢山いることを知り、非常に勉強になった。

営業の人達からは、開発に従事する自分たちとは全く違った切り口で仕事に打ち込んでいる話を聞けて、とても面白かった。

優秀なプロジェクトマネージャーからはやはり常にプロジェクトのマネジメントを念頭に言動をコントロールしている話なども聞けて参考になった。

が、しかしである。

色んな人達と話した中で一番面白い話をしてくれた人間は誰だと思いますか?

超絶プログラマー?

優秀なプロジェクトマネージャー?

いえいえ、全然違います。

それは『経営者』です。

ビックリする角度からの質問を投げかけられたり、自分には全くなかった視点から物事について話してくれたりしました。

もうね。強烈でしたよ。

「経営者。この人達は面白い。」そう俺が初めて思った瞬間でした。


後日談。そうそう、結局その年は名刺を80枚交換できました。
posted by 敏腕プログラマー at 00:50| 心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セミナーに参加するようになった理由

補助金の公募案件の応募が勝手経営戦略に沿った戦略とすると、各戦術の1つとしては「各種セミナー参加」を行った。

IT関連企業が集まるセミナー、新商品発表会、MSやOracleのセミナー、ソフトウェアテスト関連の勉強会、などなど。

無料、または安価に参加できるセミナーは片っ端から出てみた。

セミナー出席は「狭いIT開発現場だけにいたのでは間違った物の見方をしてしまう」という危機感からもあった。

なんだか開発現場にいて自分に力が付いてくるとついつい天狗になってしまいがちだ。

『俺様はスーパープログラマー!俺より超絶コードを書ける人間なんかいないぜー♪』

と高い高い鼻を持ってしまいがちだ。

そんなプログラムコードを書く作業だけに特化した人間を何人も見てきたし、嫌な気持にもさせられた。

いったいソースコードを書ける事程度のスキルをもってなぜ有頂天になれるのか気がしれない。

なぜもっとPJ(プロジェクト)全体を見回して考えたり、行動したりすることが出来ないのだろうか?

本当に腐ったプログラマーには沢山出会ってきた。

うんざりする。

コードスキルを鼻にかけ、人を蔑み、自分が偉いと勘違いする。

IT業界でこの種の人間が多い事には本当に辟易する。

そう開発現場にだけいたのでは、自分もこんな誤った考えに染まっていきそうでそれが嫌でセミナーに出席し、もっと広い世界で勝負している人達に会って話を聞きたかった。
posted by 敏腕プログラマー at 00:34| 心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。